健康ファイル 増え続ける骨粗しょう症

骨密度70%未満は骨粗しょう症

 骨粗しょう症とは、骨の量が減少してスカスカにもろくなり、骨折しやすくなる病気です。
 日本骨代謝学会によると、女性の場合、骨密度(骨量)が若年者(20〜44歳)平均の70%未満は骨粗しょう症とされ、60歳以上の2人の1人が骨粗しょう症ともいわれています。
 男性より女性に圧倒的に多いのは、骨の代謝のコントロールを行う女性ホルモン(エストロゲン)が、閉経で激減するためです。下図からも分かるように、女性ホルモンの減少と反比例して、骨粗しょう症の患者は増加の一途をたどっています。
 更年期を迎える女性はすべて、骨粗しょう症予備軍ともいえるでしょう。

女性ホルモンと骨粗しょう症の関係

骨折によって、高まる死亡率

 骨粗しょう症の方は骨折や転倒を招きやすくなるので注意が必要です。骨折をきっかけに寝たきりになるケースも少なくなく、ますます身体機能は低下していきます。
 日本整形外科学会のデータによれば、「大腿骨近位部」を骨折すると、1年ごとに約10%の方が亡くなっており、骨折で死亡率が高まることも明らかとなっています。
 高齢女性で気をつけたいのが、脊椎の骨がもろくなってつぶれていく「圧迫骨折」です。本来、S字型のゆるやかなカーブによって体重の重心を保っている脊椎ですが、圧迫骨折で背中が曲がると、心肺能力や内臓機能が衰えやすくなります。

大腿骨近位部骨折例の生存率

50歳をすぎたら、骨密度測定を

  それでは、どのように予防すれば良いのでしょうか。残念ながら「こうすれば大丈夫」と断言できる方法はありません。バランスの良い食事を心がけ、適度な運動によって太りすぎず、痩せすぎない身体を維持すること。また、骨を形成するカルシウムは、塩分を摂りすぎると一緒に体外へ排出されてしまうので、塩分を控えることも大切です。
 さらに、50歳をすぎたら、骨密度測定やエックス線写真で、定期的に骨の状態をチェックすることをお勧めします。

骨粗しょう症の診療

骨塩量測定装置

骨密度測定

まずはお気軽にご相談ください。 城見整形外科クリニック 院長 林 一成