リハビリテーション

新しい機器が揃う、
当院のリハビリ環境

当院には、運動器リハビリテーション(Ⅰ)、脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)の施設基準を設け、国家資格である理学療法士が常駐しています。医師の診察と診断をもとに、消炎鎮痛を目的とする「物理療法」、運動機能の改善を目的とする「運動療法」から、患者様に合ったリハビリテーションを提供します。

明るく広々としたリハビリ空間には、レッドコードを始め、さまざまな目的に合った機器が揃います。専門機器を使用するため、どんなことを行うのか不安を抱くこともあるかもしれません。そんなときは、ぜひお気軽にお尋ねください。スタッフがわかりやすく説明いたします。

運動療法

運動療法 要予約

理学療法士が患者様お一人おひとりに対してリハビリを行います。

物理療法 予約不要

疼痛などの症状に対し、専門機器を用いてリハビリを行います。

リハビリの対象となる症状

〜このような症状にお困りの方は、早めの受診をお勧めします〜

スタッフ紹介

リハビリテーションはとても奥が深く、スタッフの技術レベルの向上が大切です。当院では、外部の研修会の参加だけでなく、定期的に院内でスタッフの勉強会を開催してスキルアップに努め、つねに新しい技術や知識を習得できる環境を整えています。

スタッフ 集合写真

リハビリテーションとは、病気やケガ、老化などによって身体に不自由をきたしても、その方らしい生活を営む権利を再獲得するといった「思想(考え方)」であり、そのために身体機能や動作能力を最大限に高める専門的「技術」であると思っています。スタッフ一同、リハビリテーションの「思想」を胸に、最高の「技術」を提供できるよう努力していきます。

理学療法士
(通所リハビリテーション 部長)

村上 忠洋

主な経歴

1987年中部リハビリテーション専門学校を卒業、理学療法士免許を取得。東京大学医学部附属病院や愛知医科大学附属病院などで臨床経験を積む。2001年母校である中部リハビリテーション専門学校に教員として勤務、19年間にわたり教育に関わる。2020年城見整形外科クリニック勤務。

主な著書

  • 図解 運動療法ガイド(文光堂)
  • 図解理学療法検査・測定ガイド(文光堂)
  • 障害別・ケースで学ぶ理学療法思考(文光堂)
  • 神経筋障害理学療法テキスト(南江堂)
  • 臨床実習フィールドガイド(南江堂)

そのほか、常勤7名、非常勤1名、リハビリ助手4名による体制でリハビリを提供しています。

ページトップへ戻る